2人とも安定した収入があることをアピールする

2人で暮らす賃貸物件を探しているなら

賃貸物件の契約をする場合には、入居する人数が重要なポイントになります。2人で暮らすための賃貸物件を探す場合は、希望の間取りを明確にすることがコツです。1LDKや2K、2DKなど、二人暮らしに最適な間取りをリストアップしながら探しましょう。ただし、部屋の数が増えると、賃貸料金が上がります。あらかじめ予算を決めておくことが大事です。中には、賃貸物件に入居したいけれど、2人で暮らすことを申請したら、審査を通らないのではないかと不安になる方もいます。そのような場合には、入居審査を通過できるように、安定した収入があることをアピールしましょう。定期的に賃貸料金を支払う能力があると判断されたなら、入居審査が通って物件の契約をすることができます。

事前に用意しておきたいこと

スムーズに賃貸契約を結ぶ場合には、事前に用意しておきたいことがありますので、必ずチェックしましょう。まずは、2人の収入を示す書類をそろえておくことがポイントです。源泉徴収票や確定申告書、所得証明書など、前年の収入を示す書類は適しています。サラリーマンならば、会社に依頼して、源泉徴収票を発行してもらえるように手続きをしましょう。自営業や自由業の場合は、確定申告書や所得証明書の提出が最適です。確定申告書は、税務署に提出後のコピーでも有効です。所得証明書は、自治体の役所に申し込めば発行してもらえます。尚、サラリーマンが契約する時に、社員証の提示を求められるケースがあります。知名度が高い会社ならば、信頼度がさらにアップします。